アンガーマネジメントとは簡単にどういうもの?協会の評判は?資格を取得すると何ができるのか?

 

アンガーマネジメント(Anger management)とは、
怒りを予防し制御するための心理療法プログラムであり、
怒りを上手く分散させることができると評価されています。

 

 

アンガーマネジメントの究極の目標は、
怒りが深刻な問題にならないように上手く制御し管理することです。

 

 

怒りとは、何かに反応して呼び起こされる強い感情で、
怒りの問題は、そそのかす側とそそのかされる側が、
どちらも対人関係において、
自制心を保つ技術や社会的技術をもたないために生じるものです。

 

 

アンガーマネジメント
つまり、怒りをコントロールすることなんです。

 

 

アンガーマネジメントとは簡単にどういうもの?

 

アンガーマネジメントとは、
人間が抱える混沌とした怒りや悲しみ、
劣等感などを自分の中で整理し、その状況を客観的に見ることで、

怒りなどの強い気持ちが生じても、
それを適切にコントロールし、
問題解決を図るというスキルのことを言います。

 

 

アンガーマネジメントを身に付けていないと、
周りに八つ当たりしたり、
自分を理解してくれない相手へ威圧的な態度を示したりなど、

適切でない行動をしがちになります。

 

 

特に、職場においては、
さまざまな人間関係が行き交う場所ですので、
このスキルを身に付けることで、大いに役に立つことでしょう。

 

 

・アンガーマネジメントの意味

 

アンガーマネジメントとは、「怒りをコントロールするスキル」のことです。

 

英語で言うと、「アンガー」は怒り。

 

「マネジメント」は管理するという意味になります。

 

 

アンガーマネジメントのスキルは、
1970年代のアメリカで発祥し、
怒りの感情と上手に付き合っていくメソッドとして注目されました。

 

 

このメソッドが大切にしている点は、
怒らないようにするのではなく、
「怒るべき部分に怒り」、
「怒る必要のない部分には怒らない」と区別をすることです。

 

 

怒りに対する適切な態度を取ることを目標とし、
近年の日本でも、この考え方が注目され、
企業研修などにアンガーマネジメントを取り入れる企業が増加しています。

 

 

・アンガーマネジメントの効果

 

アンガーマネジメントを身に付けることで、
家庭や職場など、
人と人の感情が触れ合う場所で、
効果が発揮されることが期待されています。

 

 

たとえば、
小さな子どもの育児に奮闘する親は、
子どもが言うことを聞かないと、すぐに叱りつけてしまいがちです。

 

 

しかし、
自分の怒りをコントロールする術を持っていれば、
怒りを感じたときに、
即座に怒りを表すことが効果的ではないということが、
理解できるようになります。

 

 

だからこそ怒りを感じても、
その怒りをトーンダウンさせ、
子どもがなぜ言うことを聞いてくれないのかを、
穏やかに尋ねることも可能になります。

 

 

また、
職場は仕事の納期や他者とのコミュニケーションなどが必要とされ、
家庭以上にアンガーマネジメントのスキルが必要となることもあります。

 

 

たとえば、
部下に依頼した仕事を確認したら、
「他に急ぎの仕事があり、まだ対応できていません」
といった返答があったとします。

 

それを知ったあなたは、
「納期が迫っているのに、なぜまだ対応していないんだ」
と怒りを感じたとします。

 

しかし、アンガーマネジメントを身に付けていた場合、
「部下に仕事を依頼しすぎた」
「マネジメントが甘かった」
といった別の視点を持つことができます。

 

 

自分の一方的な理想が絶対的ではないことを理解しつつ、
「部下が仕事をしやすいように変えるには何が必要なのか」
といった考え方の幅を広げることができ、
怒りの感情を沈静化することもできるようになるのです。

 

 

アンガーマネジメントの日本アンガーマネジメント協会の評判は?

 

アンガーマネジメントの応用講座を、
受けてみて感じたことの感想を紹介します。

 

 

応用講座を受けた直後は、
あまり良くなかったというのが正直な気持だったそうですが・・・・・

 

下記に続きます。

 

 

知識だけで変われたら苦労ないですよね、
そこからどう実践していくかが大切です。

 

 

ただ、この応用講座が無駄だと言いたいわけではないんです。

まずはこうやってとっかかりになる知識は絶対に必要なので。

アンガーマネジメントの説明でもありましたが、
これって「心理トレーニング」なわけです。

 

 

つまり、ダイエットと同じで、自分が続けないと意味がないのです。

 

この応用講座では、
続けていくための補助的なテキストがもらえて、
そのテキストを今後どうやって使っていくのかという、
説明が聞けるという感じでした。

 

 

講座後にこれを活かすも殺すも自分の継続次第だよという事です。

 

ちなみにテキストは、
21日間毎日やることと、数日おきにやることなど、
書き込み式で指示が出されています。

 

レコーディングダイエットと似ていますね。

 

 

・アンガーマネジメント協会に感じた違和感

 

アンガーマネジメントの講座は下記の通り。

カウンセラーの立場としたら、
一番大切なのは継続することなんです。

 

だけど、この講座のラインナップを見る限りだと、
1dayの入り口的な講座か、
その上は、
いきなりインストラクターやファシリテーターの養成講座になります。

 

※ファシリテーターとは、
グループや組織でものごとを進めていくときにその進行を円滑にし、
目的を達成できるよう、
中立的な立場から働きかける役割を担う人のことです。

 

 

それってつまり、
ライザップで体験レッスンした後に、

いきなりインストラクターになりませんか?
と言われているようなものだと思います。

 

 

謳い文句としては、
自分も痩せながら資格も取れるから副業にもなる!
という感じになるのでしょうが、

そのファシリテーター養成講座すらもたったの2日間の集中講座です。

 

 

たった2日間で、
長年苦しんだ怒りのエネルギーを、
コントロールできるようになる人はいません。

 

 

そう考えると、
きちんとアンガーマネジメントを実践できる講師もいれば、
できない講師もいるということです。

 

 

結局、カウンセラーとして感じた感想はこんな感じです。

 

 

【体験レッスン&入門講座】

 

受けなくてよし。

 

知識だけならこの本一冊読めば理解できます。

 

 

【ファシリテーターなど養成講座】

 

これは個人的にはおすすめしません。

 

まず自分が怒りをコントロールできるようになってから、
資格として欲しければその時取りに行けばいいという印象です。

 

 

ただ、講師の数が飽和状態でしょうから、
この資格を取ったから稼げるかといったらそれは別の話です。

 

 

ちなみにアンガーマネジメントという手法でなくても、
心理系のカウンセラーであれば、
感情コントロールは必ず何かしらの手法を持っています。

 

継続コースも怒りに特化しているわけではないですけど、
結果として怒ったりイライラする頻度は格段に減ります。

 

こういう、評判が多かったですね。

 

 

「受けてみました、ですが…」という感じの様です。

 

これは、素晴らしいという感想はみあたりませんでしたが
小さな、お子様を育てている、お母さんには効果はあったようですね。

そして、
これをビジネスにするのはちょっと…という意見が多かったです。

 

 

アンガーマネジメントの資格を取得すると何ができるのか?

 

アンガーマネジメントは、怒りの仕組みを知り、
感情コントロール法をマスターすることで、
怒るべきことは怒りながら、無駄に怒らないようになるためのスキルです。

 

 

最近では、
子育て中のママやパワハラ問題に取り組む企業、行政や教育機関など、
さまざまなところで注目を浴びています。

 

 

ファシリテーターの資格を取得することで、
アンガーマネジメントの講座を開催し、
怒りのしくみや感情のコントロール方法などを人に伝えられるようになります。

 

 

さらに、
キッズインストラクター・ティーンインストラクターになれば、
幼児から中高生を対象とした講座を開催することもできます。

 

そして、
人に伝えるためには、自分ができるようになることが必要。

 

日常生活の中でアンガーマネジメントをしていくことが、
自分自身のコミュニケーションスキルをアップさせ、
さらには実体験を講座の中で伝えられることで、
受講者の悩みに寄り添うことができるようになります。

 

 

あとがき

 

最近、ニュースなどでパワハラ問題が取り上げられます。

 

昔も今も、上司が部下に、師匠が弟子に、
大声をあげて怒鳴ることがあります。

 

昔はこれを『愛の鞭』と表現されることもありました。

 

 

しかし、ニュースで取り上げられているものは、
自分自身のストレスの捌け口と思われるものも見られます。

 

もしもあの時、感情にまかせて怒らなければ.…

 

こんな思いは誰にでも経験あると思います。

 

アンガーマネジメント講座を受講することで、
こういう事が少なくなるといいとは思いますが、

アンガーマネージメントなるものが、
必要とされない社会の方が、望ましいですね。

 

ブログランキング参加してます

応援してください。感謝します!


人気ブログランキング

まつのみどりのプロフィール
最近の投稿
カテゴリー
ナビゲーションメニュー
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。