高齢者傾聴スペシャリストとは何をする仕事?資格試験を受ける方法と仕事としての求人はあるのか?

 

高齢者傾聴スペシャリストとは何をする仕事なのでしょうか?

 

高齢者傾聴スペシャリストは、
簡単に言うと、
高齢者の方のお話を聴かせていただくというお仕事なのです。

 

今後ますます高齢化社会になって、
高齢者や介護に関する資格の需要は、
確実に増えていくことは間違いありません。

 

高齢者傾聴スペシャリストとは、どのような仕事で、
その仕事をする高齢者傾聴スペシャリストになるための資格試験は、
どうすれば受けることができるのか、

また、
仕事として高齢者傾聴スペシャリストの資格を活かせる仕事の
求人状況についてまとめてみました。

 

高齢者傾聴スペシャリストとは何をする仕事?

 

高齢者傾聴スペシャリストとは、
コミュニケーションを通して、高齢者を笑顔にするお仕事です。

 

 

傾聴とは、耳と目と心を使って、
相手の気持ちに寄り添いながら話を聴くこと。

 

ですから、"聞く"ではなく"聴く"という漢字を使います。

 

相手が何を考え、何を感じ、何を伝えようとしているのか。

 

表情や振る舞いにも関心を向け、
言葉以外のメッセージにも心を寄せていくことが求められます。

 

傾聴がもたらす大きな効果として挙げられる"心のケア"。

 

高齢化が進む今、
傾聴を通して高齢者の"心のケア"ができる人材が求められています。

 

 

独り暮らしなどで社会的に孤立をしている方や、
介護や医療の現場で、
悩みを話せる相手がなく、
寂しさや不安を抱える高齢者は増える一方です。

 

しかしながら、
高齢者の心身の状態にきちんと耳を傾け、
相手の思いをしっかり受け止めることのできる人材は多くないのが現状です。

 

 

傾聴には、専門的な知識とスキルが必要となります。

 

相手に安心感や充実感を与えるためには、
話をただ聴くだけでなく、
親密なコミュニケーションで信頼関係を築かなければなりません。

 

傾聴の効果や意義、実際に傾聴を行うにあたっての心構え、
そして話を引き出すスキルを身につける必要があります。

 

特に、高齢者が相手の場合は、
その特徴や心理を理解し、より慎重に対応しましょう。

 

高齢者に気持ちよく話してもらうためには、
はっきりゆっくり話す、
相手が得意な話を引き出す、
相手を立てて、相手に教えてもらう姿勢になるなどの心掛けが重要です。

 

さらに、
相手や会話に応じてスキルを使い分けることが有効になります。

 

 

・身につけたいスキルの例 「リフレーム」

 

リフレームとは、
物事を別の枠組みや角度でとらえ直すこと。

 

人は悩みを抱えていると、
何事も否定的な見方になりがちですが、
別の角度から見直すと肯定的にとらえることができます。

 

「おせっかい」という短所を「気が利く」という長所に言い換えたり、
「充実しているけど、忙しい…」を「忙しいけど、充実している!」と、
言葉の順番を入れ換えたりするだけでも、受け取る印象が変わってきます。

 

 

・身につけたいスキルの例 「尋ね返し」

 

尋ね返しは、
人から悩みを相談された時に役立つスキルです。

 

アドバイスを求める相手の質問に対してすぐに答えるのではなく、
聴き手が質問を返すことで、
少しずつ相手の本音を引き出します。

 

これにより、
相手が自分で悩みの答えを出せるように促すことができます。

 

ここまでの感想ですが、
心理カウンセラー的な感じもします。

 

ですが、
高齢者の方が相手なので、心使いもかなり必要な感じもします。

 

 

高齢者傾聴スペシャリストの資格試験を受ける方法は?

 

高齢者傾聴スペシャリストの資格を取るには、
対象講座を受講します。

 

厳密にはその中で検定試験を受け、
合格する必要があります。

 

高齢者傾聴スペシャリスト検定試験の情報です。

 

 

試験内容と合格基準

 

試験方法 マークシート方式筆記試験
合格基準 70%以上を得点
受験資格 どなたでも受験可能
出題範囲 講座での使用テキストより
試験場所と時期 在宅受験

受講期間内であればいつでも受験可能

再試験 受講期間中は最大3回まで受検可能

 

マークシート方式とは、
正しい選択肢の番号を選んでいく試験方法です。

 

文章を書くという事はないので、答えやすい方法ですね。

 

在宅受験可能ということで、気軽に受ける事ができます。

 

出題範囲は、講座で使用するテキストから、
受講中の勉強がそのまま試験勉強となります。

 

 

受講期間は6か月

 

平均学習時間は、1日30分程で3か月が目安です。

 

受講期間内であれば3回まで検定試験が受けられますが、
期間は6か月以内なので注意。

 

 

DVDでの学習が可能

 

傾聴(コミュニケーション)を学ぶという事で、
DVDを使用し、観て学ぶ事が出来ます。

 

声のトーンや仕草など、
テキストだけでは伝わりにくい内容も学べます。

 

 

傾聴に役立つグッズ

 

学習だけでなく、
現場での傾聴に役立つグッズも教材に含まれます。

 

話のきっかけとなる話題、
チェックポイントなどを収録した「傾聴便利帳」。

 

相手の事や振り返りを書き留められる
「傾聴実践ノート」などもあります。

 

在宅でも、資格試験を受ける事ができるのは、有難いですね。

 

 

身近なものでは、ユーキャンですが、
他にもある様です。

自分にあった物を選らんでみるのもいいと思います。

 

 

高齢者傾聴スペシャリストに仕事としての求人はあるのか?

 

高齢者傾聴スペシャリストは、
聴くことを中心とした高齢者とのコミュニケーション術の資格です。

 

福祉・介護・医療の現場はもちろん、
高齢者と何らか関わりのあるお仕事であれば、
活躍の場面が豊富にあると書いてあるのですが・・・

 

 

デリケートな業務ですので、

人の痛みに共感できる方、
心を込めて応対していただける方、
向上心のある方を望みます。

 

スタッフさんとの相談やレクチャーを込めたSkypeミーティングにも応じます。

 

「どのように進めたら良いのか?このような場合は、どうしたら?」
という不安や疑問に対し、
パートナーとして共に考え向上していきましょう。

 

 

◆ お仕事の内容

 

 Skype(スカイプ)や電話を使って、
クライアント様のお話を心を込めて肯定的に傾聴するお仕事です。

 

 様々な方のお話をお聴きすることができるため、
人生の学びにもなると思います。

 

 基本的にアドバイスをする仕事ではありません。
もし、求められた場合は、あくまで「個人的に」としてください。
(ただし、クライアント様のお話やメンタルを否定・批判する内容は一切NGです)。

 

 初めての方でも安心してお仕事をしていただけるように、
合理的な範囲でサポートいたします。

 

 在宅(ご自宅)勤務でご都合の良い時間にしていただけます。

 

 業務完了後は都度、
ほんわか倶楽部事務局へ対応報告をしていただきます。

 

 

という内容のものもありましたが、求人の数は少なく、
東京、大阪辺りで少しみうけられるという感じですね。

 

 

それよりも、
介護福祉士や、社会福祉士の求人は多いです。

特に夜勤勤務ができる人希望がとてもおおいですね。

 

需要は、これからという印象をうけました。

 

 

あとがき

 

高齢者傾聴スペシャリストについての情報をお届けしました。

 

この資格は、
傾聴ボランティアはもちろん、
普段の会話など日常的なコミュニケーションを学べます。

 

聴く姿勢の良し悪しというのは、
なかなか自分では気付けないものです。

 

傾聴を学ぶ事で、新たな気づきがあるはずです。

 

副業として考えた方が良さそうですね。

 

ですが、
高齢者が増えている昨今、資格を持っていても良いと思います。

 

 

ブログランキング参加してます

応援してください。感謝します!


人気ブログランキング

まつのみどりのプロフィール
最近の投稿
カテゴリー
ナビゲーションメニュー
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。