ツイッターのフォロワー数2001の壁とは?フォロワーを増やす方法とメリットは?

 

 

ツイッターを活用している人にとって、
フォロワーを増やすことが重要な課題です。

 

 

しかし、ただこちらからフォローをどんどんしていっても、
フォロワーは増えてくれません。

 

『相互フォローします』と書かれたアカウントや、
『#相互フォロー』というハッシュタグをよく見かけます。

 

相互フォローとは、
「フォローして上げるからフォローしてよ!」
っていうことなのですが、

 

相互フォローで得たフォロワーの数ばかり増えても、
あんまり意味がないわけです。

 

 

むやみやたらにフォローしていって、
フォロワーが全然増えないのに、
フォローした数が2001を超えてしまったら、
それ以上何も出来なくなってしまうのです。

 

 

自然にフォロワーが増えるのを待っていても、
増えるわけありません。

 

ですから、フォローする数を加減して、
フォローとフォロワーの数に差が出ないようにしながら、
フォロワーの方が多くなるようにしなければいけないのです。

 

 

目的をもってツイッターを始めたのなら、

『Twitterのフォロワー2001の壁』

ココを超すまでは慎重にフォロワーを増やすことに注意が必要です。

 

そのほかいろいろなTwitter2001の壁について
まとめてみました。

 

 

ツイッターのフォロワー数2001の壁とは何?

 

Twitterのフォローについてですが…

アカウントをフォローすることで、
Twitterの自分のフィードを管理し、
興味関心のあるトピックや、
利用者に関する最新情報を得ることが簡単になります。

 

 

スパムやフォロー関係の悪用を防止し、
ウェブサイトの信頼性を維持するため、
システムの仕様として、
フォロー可能なTwitterアカウントの数にリミットを設けています。

 

このリミットは、
新規アカウントフォロー数や、
自身のフォロワー数に基づき判断されます。

 

さらに、Twitterでのフォローは、相互関係を前提としていないため、
フォロー行為についていくつかのルールを設けて、
認証プロセスを推進しています。

 

 

・フォローするアカウントの総数としての制限はありませんが、
フォローするペースによって制限がかかります。

 

・すべてのTwitterアカウントは、
1日に最大400アカウントまでフォローできます。

 

認証済みTwitterアカウントは、
1日に最大1、000アカウントまでフォローできます。

 

 

・1日単位のリミットに加えて
フォロー数が一定の数に達した時点で特定のフォロー率が適用されます。

 

すべてのアカウントは、
最大5、000アカウントまでフォローできます。

 

最大数に達すると、
そのアカウントのフォロワー数が増えるまで、
それ以上のアカウントをフォローすることができなくなる場合があります。

 

この数はアカウント毎に異なり、
アカウント固有のフォロワー対フォロー数の比率に基づいて自動計算されます。

 

すべてのアカウントは2000人までは無条件でフォローできるようです。

 

ですが、
一日のうちに1000人以上フォローすることはできません。

 

 

アカウントは、
過剰に他ユーザーをフォローすることを禁じられています。

 

と書かれているように、
あまりむやみやたらとフォローしていくとスパム扱いされ制限がかかります。

 

それは、
Twitter自体が、
ゆるく楽しくつながるソーシャルメディアであって欲しいと願う、
最低限のマナーを踏まえてということからでしょう。

 

 

『フォローする』場合は、
相手のプロフィールページを見て、
更に相手のwebサイトまで見にいって確認してフォローする!

というふうにしています。

 

なぜなら、それが最低限のマナーだと考えるからです。

 

人それぞれTwitterを利用する目的は違うと思いますが、
Twitterでフォローする!ということは、
web上で『つながる』ということなので、
少なくとも相手のことを知らずにフォローしていくのは、
失礼なのでは?と思います。

 

 

そのように考えると、
一日でフォローできる人数は限られてくるし、
一日に1000人フォローするということじたい、
上限ギリギリで限界なのでは?と思います。

 

そのほかにも、各Twitterクライアントでも、
一日もしくは1時間にフォローできる人数に限界があるようなので、
あまり無茶なフォローはしないほうがいいですね。

 

フォローとリフォローを容易にしてくれるツールも幾つかありますが、
あまりに過剰な使い方をしてTwitterルールに違反すると、
アカウント凍結(Suspended)される場合もあるのでご注意ください。

 

これらを踏まえると、

2001のフォローはかなり厳しいと思われます。

 

 

ツイッターのフォロワー数を増やす方法は?

 

ビジネスで『Twitter』を活用するなら、
フォロワーが多ければ多いほどよいでしょう。

 

フォロワー数が多い方が、
より多くのユーザーにリーチできるチャンスがあり、
自社サービスの認知やブランディングといった、
ビジネスゴールが達成しやすくなるからです。

 

 

例えば、
『Twitter』運用の目的が自社商品の認知拡大である場合、
フォロワー数100人と10,000人では、
商品に関するツイートを見てくれる人数や、
商品が言及される回数などはどちらが高くなるでしょうか?

 

もちろん後者でしょう。

 

そうは言っても、
なかなかフォロワー数が伸びずに悩んでいる方も多いと思います。

 

 

ここからは、
質の高いフォロワーを効率的に増やすために使えるツール5つをご紹介します

 

 

①活用しているアカウントが10万を突破しているツール『socialdog』

 

・キーワードモニター
・フォロー・フォロワーの管理
・予約投稿

 

キーワードフォローは、
特定のキーワードをツイートしたアカウントを表示してくれる機能です。

 

このアカウントの中から、
ターゲットになりそうなアカウントをフォローすることができます。

 

またキーワードモニターを用いて、
特定のキーワードを含むツイートを受信箱に保存することができるのです。

 

これによって、
気になったアカウントをモニターすることができます。

 

 

②フォロワーのアクティブ数が多い時間帯を分析するツール『Tweriod』

 

Tweriodでは、
アカウントの最適な投稿時間を分析することができます。

 

アカウントを登録するだけで、
簡単に利用することができるので是非利用してみましょう。

 

無料で最大1,000フォロワーまで分析することができます。

 

 

③複数のSNSで簡単に予約投稿ができるツール『Buffer』

 

Bufferは様々なSNSで予約投稿ができるツールです。

 

無料プランでは連携できるSNSは3つまで、
最大予約投稿数は10、
メンバーを追加することはできません。

 

しかし1人で利用するには十分ですし、
Bufferの魅力を感じるには十分なので、
試しに利用してみるのも良いでしょう。

 

Bufferは様々なSNSで利用することができます。

 

利用できるSNSは以下の通りです。

 

・Facebook
・Twitter
・Instagram
・LinkedIn
・Google+
・Pinterest(無料版では7日間トライアルのみ)

 

Bufferはあらかじめ予約投稿時間を設定することができるため、
新規投稿をするたびにいちいち時間を設定する必要がありません。

 

また、思ったような投稿にカスタマイズすることができます。

 

写真や動画ファイルも簡単にアップロードすることができますし、
スマートホン対応の絵文字も含んだ投稿をすることができ、
とても便利です。

 

 

④マーケティング分析をするためのツール『twitonomy』

 

twitonomyはアカウントの情報を詳細に分析してくれるツールです。

 

無料プランで十分活用することができるのでおすすめです。

 

 

⑤おすすめのハッシュタグを教えてくれるツール『Rite Tag』

 

RiteTagでツイートにつけるハッシュタグを検索すると、
そのハッシュタグが有効かどうか、
またそのハッシュタグと関連性の高い、
よく使われているハッシュタグをリスト化し表示してくれます。

 

リストには、関連性の高いハッシュタグの他に、
そのハッシュタグをつけてツイートする維持時間当たりのユーザーの数、
一時間当たりのリツイートされる数、
維持時間当たりのハッシュタグを目にするユーザーの数が載っているのです。

 

 

5つ紹介しました、
このツールを使ってフォロワー数を増やしてみてはどうでしょうか?

 

しかし、ツールはツール(道具)ですからね、
上手く使いこなせないと、失敗することもあります。

 

あくまで自己責任でお願いします。

 

 

ツイッターのフォロワー数を増やすメリットは?

 

フォロワー増やしは集客です。

 

フォロワーからサイトへのアクセスを集めることができたり、
リストにすること(メールアドレスの獲得)ができたり、
無料オファーを成約できたりなど、
ビジネスの様々なことに活用できます。

 

 

これが、Twitterのフォロワーを増やすメリットです。

 

とはいえ、
「じゃあ、なんでもかんでもフォローしまくって、フォロワーを増やそう」
というのは違います。

 

残念ながら、
むやみやたらに増やせば良いというものでもありません。

 

凍結耐性が強まる2000フォロワーまでは、
ただ数を増やすだけで良いですが、

それを超えたら、
ちゃんと反応がもらえそうなアカウントをフォローしていきましょう。

 

 

でも、
「フォローする人を変えれば良いだけでしょ」というわけではありません。

 

ここからはフォロワーとの交流も重要になってきます。

 

フォローしてくれているということは、
自分に興味を持ってくれているわけです。

 

 

プロフィールは興味を惹くもので、
定期的に有用なつぶやきをするような、
リフォローをしやすいアカウントになってるわけですから、
フォロワーもリツイートしてくれたり、
リプライしてくれることがあるはずです。

 

リプライというのは、
つぶやきに対する返信のことですね。

 

というかリプライが全然もらえてないとしたら、
つぶやく内容やプロフィールを見直した方が良いんじゃないでしょうか。

 

そういったフォロワーからの反応に対しては、
しっかり自分自身も返してあげてください。

 

少なくともリプライをもらった場合は、
自分もリプライし返しましょう。

 

 

あとがき

 

いかがでしたでしょうか?

 

まずはこちらからフォローしてフォローバックしてもらうことで、
フォロワー数を増やすことができます。

 

そしてフォロワー数を増やす際は、
数だけでなくフォロワーの質も考慮することが大切です。

 

一時的に増えたとしても、
すぐに離れていってしまうようなユーザーではなく、
あなたの発信する情報に興味があり、
ツイートにエンゲージメントしてくれるような、
ユーザーをフォローしましょう。

 

ぜひ今回ご紹介したアプローチ方法と無料ツールを、
次回のtwitterの施策に取り入れてみてくださいね。

 

 

ブログランキング参加してます

応援してください。感謝します!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ シニアのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

まつのみどりのプロフィール
最近の投稿
カテゴリー
ナビゲーションメニュー
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。