リモートワークとは何ですか?その働き方のメリットとデメリットは?

 

 

「リモートワーク」とは、
在籍する会社のオフィスに出社せず、
自宅やレンタルオフィスなど、
会社から離れた(リモート)場所で業務を遂行する勤務形態のことです。

 

ほぼ同義のテレワークやいわゆる在宅勤務を、
「リモートワーク」と呼び替えるケースが増えていますが、
感覚的に微妙な違いがあると思います。

 

リモートワークとは何か、またテレワークとはどう違うのかなど、
働き方改革にも繋がる労働の形についてまとめてみました。

 

 

リモートワークとは何ですか?

 

リモートワークという言葉には厳密な定義はありませんが、
多くの場合、リモートワークとは、
「従業員が、会社以外の遠隔の場所で仕事をする」ことを指します。

 

主に従業員である会社員に当てはまりますが、
一部フリーランスでも該当する場合があります。

 

インターネットでのテレビ会議や、チャット、メールなどを用い、
遠隔地でありながら、
隣のデスクにいるかのように仕事をするという点が特徴的です。

 

回数等の制限がない、
フルフレックスでリモートワークをする場合もあれば、
週何日など限定された時間だけリモートワークをする場合もあります。

 

各企業が実施するリモートワーク制度には、
対象者や勤務場所や利用機会などの点で違いがあり、

また働き手側がイメージするリモートワークにも、
解釈に違いがあるため、
求人・案件を探す際などは詳細を確認するようにするとよいでしょう。

 

 

リモートワークとは、従業員が会社に出社せず、
自宅やコワーキングスペースなど、
自由な場所で仕事をする働き方のことです。

 

働き方改革の推進により、
この制度を導入する企業も徐々に増えている様です。

 

 

リモートワークの働き方とは?

 

まず「テレワーク」は、
「リモートワーク」とどう違うのか説明したいと思います。

 

 

テレワークの意味とは?

 

「テレワーク」とは、
情報通信技術(ICT)を活用した、
場所や時間にとらわれない働き方のことをいいます。

(日本テレワーク協会より)

 

 

テレ=teleは、離れた所を意味する言葉で、
その「テレ」と「ワーク」を組み合わせた造語であるテレワークは、
言葉の意味そのものは「リモートワーク」とほとんど変わりません。

 

「テレワーク」は大企業や国が、

「リモートワーク」はIT業界やベンチャー企業が、

それぞれ、
「オフィスに出社しない働き方」を指す言葉として使う傾向があります。

 

 

大企業や国はなぜ「テレワーク」を使っているのでしょうか。

 

「テレワーク」普及の中心的存在、
日本テレワーク協会(旧・日本サテライトオフィス協会)の、
沿革にその答えがありました。

 

バブル期の日本は、
いま以上の通勤地獄に悩まされていました。

 

本社オフィスと同等の設備・機能を備えるオフィスが、
社員の自宅近くにあれば、
通勤の苦労を緩和できるのではないか。

 

そんな趣旨に賛同した数社の大手企業が実験として、
埼玉県志木市に日本初の「サテライトオフィス」を設置したのです。

 

 

そんな日本初の「サテライトオフィス」のために設立された団体が、
現在の日本テレワーク協会なのです。

 

バブル崩壊とともに下火となった「サテライトオフィス」に代わって、
台頭してきたのが、
ICTをつかった働き方「テレワーク」でした。

 

こうした社会背景を受けて、
当初は日本サテライトオフィス協会と名乗っていた日本テレワーク協会は、
インターネットインフラが整備されてきた2000年に名称を変えたのです。

 

 

日本テレワーク協会は、
テレワークのさまざまな効果をうたい、普及促進に努めてきました。

 

国や大企業の普及支援施策にあいまって、
近年では「働き方改革」の目玉として、
国を挙げて「テレワーク」が推進されることとなったのです。

 

 

「テレワーク」が、
日本社会の変化の中で定着した言葉だということを理解したところで、
改めて「テレワーク」と「リモートワーク」が想定する、
働き方について考えてみましょう。

 

 

テレワークが想定する3つの働き方

 

日本テレワーク協会によれば、
「テレワーク」は具体的に下に挙げる3つの働き方を想定しています。

 

 

・在宅勤務

 

・モバイルワーク(移動中や顧客先で、パソコンや携帯電話を使う働き方)

 

・サテライトオフィス

 

最近よく目にする「在宅勤務」はテレワークの1つだったんですね。

 

 

一方の「リモートワーク」は、
「オフィス以外の場所で働く」というだけ。

具体的にどんな働き方をするかの定義づけはしていないのです。

 

リモートワークが想定するのは、
「オフィス以外の場所で働く」ということ

 

早くからリモートワークを採り入れ、
有名なWeb開発フレームワーク”Ruby on Rails"を開発したことで知られる
米企業・37シグナルズは、
リモートワークを「オフィス以外の場所で働くこと」だとしています。

 

同社のCEOは、
著書『強いチームはオフィスを捨てる』(早川書房)の中で、
リモートワークの目的は、みんながやりやすいやり方で働くことです。

 

『「こうしなければならない」という決まりはない』と書いています。

 

 

在宅勤務、といえば、自宅で働くこと。

 

それは裏返せば、
自宅以外で働く可能性を消してしまう言葉でもあります。

 

自宅の環境が悪かったら、近くのコワーキングスペース、
あるいはちょっと気分転換に
田舎に行ってみよう。

 

こうした柔軟な場所の選択を暗に否定しています。

 

働き方を指定すれば、
企業は社員を管理できる安心を得られます。

 

しっかり定義づけられている「テレワーク」には、
そんな安心を得たいという企業の想いがにじみ出ているように感じます。

 

「テレワーク」という言葉が持つニュアンスの、
自由度のなさを感じとっているIT業界やベンチャー企業では、
だからこそ積極的に「リモートワーク」を使いたがるのかもしれません。

 

言葉遊びのような話ではありますが、
単語の裏に込められたニュアンスこそが、
働き方の多様さの違いを決定づけている様に思います。

 

 

リモートワークのメリットとデメリットは?

 

リモートワークのメリットから紹介します。

 

 

1.社員の業務生産性が向上する

 

会社から距離を置くことは、
同僚との世間話や、不必要な会議、
夜の接待などからも遠ざかることになり、
妨害のない環境で必要な業務に集中して取り組むことができ、
1日の業務遂行量が向上することは間違いありません。

 

 

2.企業コストの削減効果

 

会社に必要な人員のほとんどがリモートワーク社員となれば、
それまでにかかっていた机やイス、キャビネットなどの備品類など、
また光熱費を初めとした固定費部分が削減できることは間違いありません。

 

中でもオフィススペースに関わる家賃や土地代は多くの削減が見込まれ、
アメリカのあるソフトウェア開発企業では、
従業員1人当たり、
年間10,000ドル(約110万円)の節約に成功したという報告もあるほどです。

 

 

3.従業員コストの削減効果

 

企業全体に係るコストだけではなく、
リモートワークを導入することによって、
従業員1人に関わるコストも低減が見込まれます。

 

その代表が交通費です。

 

アメリカでの調査結果になりますが、
リモートワークの導入によって、
企業が節約したこれら従業員に係るコストの平均は、
年間で4,600ドル(約50万円)にもなると言われています。

 

 

4.通勤時間の減少

 

たかが通勤時間と考えてしまっては大間違いで、
通期時間の長さが従業員の健康に及ぼす影響には多数の報告があり、
ストレスの増加、体重の増加、孤独感の醸成など、
特にメンタルヘルスに対しての関連性が指摘されています。

 

また一風変わったところでは、
通勤時間が45分長くなると離婚率が40%増加するという調査もあり、
その数値の正否はともかく、
こうした従業員のストレス要因が、
リモートワークによって低減できることは知っておくべきかもしれません。

 

 

5.従業員の健康状態の増強

 

通勤時間が短くなるということは、
その分、従業員にとっては自分の時間が増えることになり、
趣味に費やす時間や、家族と過ごす時間が増えるなど、
メンタルヘルスにもプラスの効果が見込まれます。

 

また、勤務地が固定されていたために、
地元のかかりつけの病院に行きにくいといいった、
通院に関する不満も解消され、
健康状態の向上にも効果が期待されます。

 

 

6.ITによって連帯感が強化される

 

距離が遠くなると関係性が薄れるように想像しがちですが、
実際はその反対であることが明らかになっています。

 

リモートワークを支援するさまざまなソフトウェアやツールによって、
従業員が一つの統一されたシステムでグループ化されることで、
連帯感が強まる効果があると言われています。

 

ある調査では、リモートワーカーの80%が、
以前よりも、
同僚との関係性が強くなったと回答するという事例もあるほどです。

 

 

7.世界中から優秀な人材を採用できる

 

新たに人材を採用しようとする場合、
決まったオフィスへの勤務が必須となると、
地理的に限定された層から人材を確保するしかありません。

 

ですが、
リモートワークを認めた形であれば、
世界に対して募集を行うことができ、
優秀な人材を確保できる可能性が高くなることは言うまでもありません。

 

 

続いて、デメリットを紹介します。

 

 

デメリット1
孤独になりやすい

 

リモートワークはオフィスに行く必要がないので、
会議や雑談など人と会話をする回数が減ってしまう可能性があります。

 

自分で会話をする機会を作らないと孤独になりがちです。

 

コワーキングスペースで仕事をしたり、
イベントに参加することでコミュニケーションをとりましょう。

 

チャットなどのコミュニケーションツールを使うのも効果的です。

 

 

デメリット2
スケジュールや仕事をきちんと管理しないとかえって生産性が悪くなる

 

工夫すれば生産性を上げることができる反面、
スケジュールやタスクの管理がうまくできないと、
仕事の生産性がかえって悪くなってしまいます。

 

・休憩していたら休憩時間が長くなりすぎて仕事が終わらない

 

・遊びすぎ、休み過ぎで仕事が進まない

 

・仕事に夢中になって会社勤務の時よりも寝るのが遅い

 

・休日も仕事をしているので年中無休になってしまった

 

・だらだら仕事をしてしまうので、生産性が低い

 

上記のようにならないよう、仕事の生産性を上げる工夫をしましょう。

 

 

デメリット3
仕事がwifi環境に依存する

 

好きな場所で働けるとは言うものの、
リモートワークの多くはパソコンを使う仕事なので、
仕事環境はwifiが必須です。

 

wifiがないと仕事になりませんので、
好きな場所で働きたいからといって、
山奥の電波がないところで働くことはできません。

 

安定したwifiがある場所を確保しましょう。

 

wifiがある限りあなたは自由に働けます。

 

以上、リモートワークのメリット、デメリットを紹介しました。

 

 

あとがき

 

リモートワークは、
「もっと自由な働き方をしたい!」と考える人にとって、
非常に魅力的ですが、

問題点たくさんもあります。

 

企業にとっても、大きなメリットもあれば、
新しい制度を導入する難しさなどデメリットもあります。

 

メリットとデメリットを正確に理解したうえで、
働き手にとっても、
企業にとっても良いワークスタイルを作りあげていってください。

 

 

ブログランキング参加してます

応援してください。感謝します!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ シニアのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

まつのみどりのプロフィール
最近の投稿
カテゴリー
ナビゲーションメニュー
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。