還暦祝いのお返しや内祝いは必要か?贈るタイミングや相場はいくら位でどんなものがいい?

 

還暦と聞くと、
赤いちゃんちゃんこと、赤い帽子のイメージが思い浮かびます。

 

昔は寿命も短かく、
60歳まで元気でいられることが少なかったので、
暦が一巡りする還暦を祝ったのです。

 

ですが、
人の寿命も長くなっているので、
還暦祝いの60歳だと、
まだまだ人生半ばといったイメージがあります。

 

でもまあ、お祝いしてくれるというのでしたら、
祝ってもらいましょうかね。

 

還暦を迎えた時の内祝いや、
還暦のお祝いをしてもらったときのお祝い返しは、
どのようにすればいいのでしょうか?

 

還暦のお祝いについてまとめてみました。

 

 

還暦祝いのお返しや内祝いは必要か?

 

還暦祝いは家族が集まって行われるお祝いです。

 

そのため、
還暦祝いに対する家族へのお返しは、
本来 必要ありません。

 

これは他の長寿祝いにも同じことがいえます。

 

ただ、
結婚式や出産祝いといった他のお祝い事では、
お返しをするのが基本となっているため、
還暦祝いでも同じように考える人が増えている背景があります。

 

もし、家族に還暦祝いのお返しをするなら、
食事会をもう一度開く程度に抑えておきましょう。

 

 

・職場や友人からのお祝いにはお返しを贈ろう

 

還暦祝いを迎えた際に、
職場の人や友人からお祝いを頂いた方は多いと思います。

 

この場合はお祝いのお返しを、
手軽なものでいいので贈ることをおすすめします。

 

もちろん、職場の方やご友人との関係性にもよりますが、
相手の気持ちにこたえる意味でも、
お返しを贈った方が良いイメージを持たれやすいです。

 

 

・内祝いの本来の意味

 

内祝いは、
本来「祝い事を記念して周囲の方へ贈り物を贈ること」を指します。

 

内祝いの”内”は内輪という意味です。

 

そのため、内祝いは、
「幸せを家族や周囲の人と分かち合う」という意味合いが強いです。

 

最近では、
内祝いの意味合いがお返しという意味で使われています。

 

そのため、
結婚、出産、新築といった祝い事に、
お返しをしなければと思っている方は多いです。

 

前述したように、
内祝いは周辺の方へ贈り物を贈るという意味なので、
お返しは必要ありません。

 

 

・内祝いのマナー

 

内祝いの相場は半返しと言われており、
もらった金額の半分が基本です。

 

還暦祝いでもらった贈り物よりも、
高価な贈り物をすると相手に気を遣わせてしまいます。

 

必ず、この点に注意して贈り物を選ぶようにしましょう。

さらに、内祝いの熨斗(のし)には「内祝」や「還暦内祝」と記して、
水引は紅白の蝶結びにしてください。

 

基本的にお返しへのメッセージは必要ないですが、
職場や友人など立場によっては、
メッセージを同封しておくといいでしょう。

 

関係性によっては電話などでも十分です。

 

 

・内祝いの例文メッセージ

 

【例1】

 

拝啓 麗らかな秋晴れが続く中、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

この度は私の還暦祝いに際しまして、
格別のお気遣いを頂き、誠にありがとうございます。

 

ささやかではございますが内祝の品をお送りさせていただきました。

 

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

【例2】

 

菊薫る季節となりました。

お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

この度は心のこもったお祝いをいただきまして、
誠にありがとうございました。

お礼のしるしに心ばかりの品をお届けさせていただきました。

 

ご笑納いただけましたら幸いです。

 

 

【例3】

 

秋晴れのさわやかな季節を迎えましたが、
つつがなくお過ごしでしょうか。

 

このたびはお祝いをいただき誠にありがとうございました。

 

ささやかではございますがお礼の品をお贈りさせていただきます。

 

今後とも末長くお付き合いいただけますよう、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

還暦祝いのお返しや内祝い 贈るタイミングはいつ?

 

基本的には、
還暦のお祝いのお返しや、内祝いは必要ないようですね。

 

しかし、
貰いっぱなしが気になる人もおられるかと思います。

 

そんなとき、

家族に還暦祝いをしてもらったらもう一度食事会などを開く、

家族以外にお返しをしてもらったら、
少々高価なタオルや菓子折りなどを贈る、

といったお返しを考えましょう。

 

 

その際には、

お祝いをしてもらった感謝の気持ちを込めてお返しをする、
という心構えを持っておくことをおすすめします。

 

 

還暦のお返しをする2つの理由

 

1.現実的なお金の使い道のため

 

一つには、
お金はあの世でも役立つという教えもありますが、
現実的にはあの世に持っていけないということがあります。

 

ある程度残して、
お世話になった方々に報いるようにするのも必要ですが、
それ以上は必要ありません。

 

 

2. いざという時助けてもらうため

 

もう一つには『人生100年時代』が関係しています。

 

しかも、マイナス10歳程度が健康寿命と言われています。

 

自分は元気なつもりでも、
いつどこでどんな風に皆さんに助けてもらうことになるかもしれません。

 

ずるがしこさとは別に、
いざというときに助けてもらう、という気持ちも、
とても大切なことと言われています。

 

 

還暦祝いのお返しのタイミングと贈り方についてご紹介します。

 

還暦祝いのお返しのタイミングについてですが、
還暦祝いの当日なのか後日なのかで悩む方が多いのでは?

 

 

タイミングについては、
家族が還暦祝いの食事会や宴会を開く場合、
その当日に引き出物の形でお返しを渡すのが一般的です。

 

都合によって欠席した人や招待できなかった人に対しては、
還暦祝い後の早い時期にお返しをしましょう。

 

また、郵送で還暦祝いの品が届いた場合には、
早いタイミングで手紙や電話などで、
「ありがとう」の気持ちを伝えましょう。

 

 

「内祝い」の形で贈る

還暦祝いのお返しは、
「もらったお祝いに対するお返し」の意味を込めて、
「内祝い」という形でお返しすることになります。

 

品物を還暦祝いのお返しに使う場合には、
紅白で蝶結びの水引の熨斗紙に、
「内祝」「還暦内祝」といった表書きを書き、
メッセージやお礼状を添えるのが一般的です。

 

なお、
還暦祝いをしてくれた相手が喪中の場合もありますので、
その場合には表書きは「内祝」ではなく「御礼」とします。

 

還暦祝いのお返しの定番の品としては、
カタログギフトや菓子折り、
お酒、食事券、バウムクーヘンなどが人気です。

 

ただ、
還暦祝いのお返しの品を渡すことで相手に気を遣わせたくない、
みんなにまとめてお返しをしたいといった場合には、
みんなを集めて食事会を開くのもおすすめです。

 

 

還暦祝いのお返しや内祝いの相場はいくら位でどんなものがいい?

 

還暦祝いのお祝いやプレゼントのお返しは必要ないとされていますが、
お祝いしてくれた感謝の気持ちを込めて、
何か贈りたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

 

還暦祝いは人生に一度のお祝いで、
初めての還暦祝いのお返しを経験することになりますので、
戸惑われる方が多いはず。

 

そのような場合にはどのようなお返しをするのがふさわしいのか、
ご紹介します。

 

 

還暦祝いのお返しは手軽な物がおすすめです。

 

元々、内祝いでは半返しが基本となっています。

 

頂いたお祝いの半分または3割程度のお返しで構いません。

 

もし、お返しとして贈るなら菓子折りや食器、
タオルなどがおすすめです。

 

普段使えるものを意識して贈るといいでしょう。

 

普段使わないような高級なものなどは使いづらく、
相手に気を遣わせてしまいかねません。

 

相手側が気を遣うようなお返しはできるだけ避けてください。

 

一般的にはタオルなどを贈ることが多いようですが、
基本は、頂いたお祝いの半分または3割程度のお返しで大丈夫です。

 

還暦祝いのお返しに贈りたいおすすめのプレゼントを紹介します。

 

 

・タオルセット

 

お返しの定番としておすすめしたいのがタオルセットです。

 

価格も安く送られた側も使いやすいお返しなのでどんな方にも適しています。

 

また、タオルセットにもさまざまな種類があるため、
予算内に収まりやすいのも特徴的です。

 

近頃では、
今治タオルのようなデザインや品質の高いタオルも登場しています。

 

職場の方やご友人へのお返しにもぴったりです。

 

 

・食器

 

還暦祝いのお返しのプレゼントとしては、
日常生活で使える食器も挙げられます。

 

食器なら湯飲みやお猪口などもおすすめです。

 

職場の方、
特に上司の方にお返しとして贈る場合は、
少し高級感のある贈り物として食器がいいでしょう。

 

お返しの定番品でもあるので、
価格帯が広くて選びやすいのも特徴的です。

 

 

・お酒

 

お酒が好きな方には日本酒やワインなどを贈りましょう。

 

半返しといっても、
あまり高価なお酒をお返ししてしまうと気を遣わせていまいます。

 

最近ではミニボトルのお酒も用意されているので、
相手の方の好みに合わせて贈るといいでしょう。

 

相手の好みに応じたお酒で気を遣わないサイズのものが、
お返しを受け取る側にとっては、
うれしい贈り物になりますので意識しましょう。

 

 

・菓子折り

 

還暦祝いを含めて祝い事にぴったりな贈り物として、
定番なのが菓子折りです。

 

長寿祝いということもあるので、
紅白まんじゅうなどがおすすめです。

 

菓子折りは消耗品であることから、
贈る側も受け取る側も気を使わなくて済みます。

 

また、
職場など人数が多いところにお返しする際にも、
休憩時間にみんなに楽しんでもらえるということから選ばれる方が多いです。

 

どのような立場の方にも贈ることができる菓子折りなら、
お返しに迷っている方でも簡単に選べます。

 

 

・カタログギフト

 

還暦祝いのお返しに何を贈ればよいのか、
迷った時にはカタログギフトがおすすめです。

 

贈られた側が選べるのがカタログギフトの存在です。

 

好みの分からない方や、
遠方の方へのお返しならカタログギフトがぴったりでしょう。

 

グルメから雑貨、ギフト券など、
あらゆるジャンルのギフトを集めています。

 

好きなアイテムやグルメを好きなタイミングで選んでもらえるため、
より良い贈り物を選んでもらえます。

 

カタログギフト自体にも価格帯が存在するので、
贈る側も選びやすいのが特徴的です。

 

 

・食事券

 

お返しとして食事会を開くという方法を前章で紹介しましたが、
遠方にいる方の場合はなかなか難しいのが現状です。

 

そこで、おすすめしたいのが食事券です。

 

ほとんどの食事券はいくつかの価格帯が用意されているので、
贈る側としても負担が少ないです。

 

 

・バームクーヘン

 

最後におすすめしたいのがバウムクーヘンです。

 

バウムクーヘンは、
その年輪のような見かけから、
長寿のお祝いのお返しとして日本で好まれています。

 

価格帯も安価なため、
お返しする方が多い場合でも、
経済的に圧迫することなくお返しすることが可能です。

 

 

あとがき

 

祝いのお返しに関してご紹介しました。

 

還暦祝いは基本的にお返し不要ですが、
場合によってはお返しを贈った方がいいケースもあるため、
本記事を参考に覚えておくといいでしょう。

 

また、内祝いの意味合いに関しても知っておくと役立ちます。

 

お返しはあくまでもらったお祝いへの感謝です。

内祝いの半返しを基本に、
相手が気を遣わない程度のお返しを贈るようにしましょう。

 

お返しする際には、必ずメッセージを添えて贈るようにすると、
お返し以上に気持ちが伝わります。

 

ブログランキング参加してます

応援してください。感謝します!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ シニアのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

まつのみどりのプロフィール
最近の投稿
カテゴリー
ナビゲーションメニュー
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。