呼吸療法認定士の役割に求められるものは?受験資格と資格取得方法は?

 

 

呼吸療法認定士とは?

「特定非営利活動法人日本胸部外科学会」

「一般社団法人日本呼吸器学会」

「公益社団法人日本麻酔科学会」

から選出された委員で構成される
「3学会合同呼吸療法認定士認定委員会」が創設した認定制度です。

 

認定制度創設の目的としては、
臨床工学技士、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士など、
それぞれの職種において呼吸療法を習熟し、
呼吸管理を行う医療チームの養成や、
進化する医療にあわせたレベルの向上などが掲げられています。

 

医療に関するお仕事にも、
色々な仕事が、あるんですね。

呼吸療法認定士についてまとめてみました。

 

呼吸療法認定士の役割に求められるものは何?

 

呼吸療法認定士とは、
呼吸療法に関する専門的な知識・技術を習得した、
医療関係者に与えられる資格です。

 

呼吸療法は人工呼吸器などを用いた、
肺機能の改善や回復を目的とした運動・治療のことを指します。

 

国民の高齢化が進むとともに、
医療はめざましい進歩を遂げました。

 

長生きする患者さんが増加したのです。

 

それによって、
重症患者管理の必要性も高まりました。

 

呼吸療法はその柱のひとつとして、
近年ではその大切さを広く認識されるようになったのです。

 

しかし、
呼吸療法の技術を持った医療人材が少ないことが、
医療施設での大きな悩みとなっていました。

 

そこで3学会が共同で、
呼吸管理を行える医療人材のレベル向上と維持を資格として、
認定することになった、というわけです。

 

呼吸療法認定士の主な役割は、
「呼吸療法の的確な実施とそれに使用する機器の管理」です。

 

呼吸療法の専門家として、
人工呼吸・酸素療法・吸入療法を実施したり、
使用する医療機器の管理を行います。

 

各医療従事者の業務範囲を超えない部分での活動になりますが、
より専門性の高い治療や、
医師とのスムーズな連携が期待されています。

 

呼吸療法認定士の活躍出来る場所は、
主に病院となります。

 

 

リハビリテーション科

一般病棟

ICU

臨床工学部

外科病棟

呼吸器病棟

救急救命センター

……など、働く場所はさまざまです。

 

 

現在の取得状況としては、
看護師が約6割、
理学療法士・作業療法士が3割。

 

しかし、
リハビリテーション科での仕事が多いことから、
これからリハビリ職の取得率も高くなってくると推測されます。

 

現状では、
呼吸療法認定士の資格を持っていることで、
給料が大きく変わるということはありません。

 

特別手当がついたり昇進するケースもありますが、
ごく少数派となっています。

 

しかし呼吸器系の診療科を持つ病院やクリニックでは、
呼吸療法認定士の資格を持っていることで、
採用時に優遇されるケースもあるとのこと。

 

これから増えていくであろうニーズに応えるべく、
資格保持者を優遇する求人も少しずつ増えていきそうですね。

 

 

呼吸療法認定士の受験資格は?

 

認定講習会を受けられる資格は、以下の通りです。

 

 

臨床工学技士:実務経験2年以上

正看護師:実務経験2年以上

准看護師:実務経験3年以上

理学療法士:実務経験2年以上

作業療法士:実務経験2年以上

 

上記の対象者で、
かつ受講申し込み時から過去5年以内に、
認定委員会指定の学会や講習会に出席して、
12.5点以上の点数を取得している必要があります。

 

受講を申し込む時には点数の証明とするため、
学会や講習会の受講証・修了証の写しを添付しましょう。

 

 

呼吸療法認定士の資格取得方法は?

 

呼吸療法認定士になるためには、
学会に定められた講習会に参加して試験の受講資格を得て、
試験に合格・申請する必要があります。

 

なお、学会に加入する必要はありません。

 

会員でなくとも、
呼吸療法認定士の資格を取得することが出来ます。

 

講習会で受ける講義内容は以下になります。

 

 

1.血液ガスの解釈

2.呼吸不全の病態と管理

3.酸素療法

4.人工呼吸器の基本構造と保守および医療ガス

5.気道確保と人工呼吸

6.呼吸リハビリテーション

7.人工呼吸中のモニタ

8.呼吸不全における全身管理

9.開胸・開腹手術後の肺合併症

10.新生児の呼吸管理

11.NPPVとその管理法

12.呼吸機能とその検査法

 

 

2日間講習を受けると、
認定試験の受験資格を得られます。

 

また講習会を受けてから3年以内であれば、
どの年度の認定試験でも受けることが出来ます。

 

呼吸療法認定士の資格試験は年に一度の開催で、
筆記試験(マークシート式)のみとなっています。

 

試験は講習会の講義内容と配布されるテキスト、
普段の業務内容から出題されます。

 

この試験に合格して申請手続きを済ませることで、
呼吸療法認定士として登録されます。

 

呼吸療法認定士の資格を保持し続けていくためには、
5年ごとの更新が必要になります。

 

更新制度は資格取得後も学習を続ける、
生涯教育の促進を図るために設定されました。

 

資格の更新には、

「講習会への出席・講演」

「委員会が認める学会への出席・発表・講演」

「学術論文の発表」

「委員会が主催する更新のための講習会への参加」

「委員会が実施したアンケート調査への回答」

 

などの活動によって、
50点以上のポイントを取得する必要があります。

 

呼吸療法認定士の試験の合格率は、
毎年おおよそ6割ほどとされています。

 

試験は講習会のテキストを参考に出題されますが、
引っ掛け問題や状況把握問題といった複雑なものも含まれます。

 

丸暗記だけでは合格することが難しいので、
「なぜ?」というポイントを理解しながら勉強しましょう。

 

テキストは毎年更新されていますが、
大きな変更はありません。

 

過去問を解く・テキストを熟読して合格を目指しましょう。

 

 

あとがき

 

呼吸療法認定士の資格を持つことは、
医療従事者のスキルアップはもちろん、
転職・給与アップにも役立ちます。

 

今後ますます需要の高まる「呼吸療法認定士」の資格、

医療に携われる方でしたら、
ぜひぜひ取得してみてはいかがでしょうか?

 

私は、受験資格の時点で、受験は叶いませんが、
もし受講できるなら受けてみたいと感じました。

 

ブログランキング参加してます

応援してください。感謝します!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ シニアのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

まつのみどりのプロフィール
最近の投稿
カテゴリー
ナビゲーションメニュー
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。