ペットボトルを捨てるときに潰してはいけない理由とは?正しい捨て方とリサイクルされて何になるのか

 

 

 

ペットボトルは、潰して捨てていました。

 

それは良くないんですね。

 

どうして、潰して捨ててはいけないんでしょうか?

 

ペットボトルを捨てるときに潰してはいけない理由について、
書いています。

 

また、正しい捨て方や、
リサイクルされて何になるのかについて、
まとめました。

 

ペットボトルを捨てるときに潰してはいけない理由とは?

 

ペットボトルを潰して捨てて下さいという市町村と、
潰して捨てないで下さいという市町村があるようです。

 

栃木県大田原市は、
潰して捨てないで下さいと言われているので、
その理由を紹介します。

 

市内のごみステーションで収集したペットボトルは、
広域クリーンセンター大田原へ搬入しております。

 

大田原市と那須町の、
共同施設であります広域クリーンセンター大田原では、

収集されたペットボトルは、
リサイクルのため、
一定の大きさに機械で圧縮し梱包して出荷いたします。

 

圧縮する際に、
潰れた状態のペットボトルを機械で圧縮しますと、
1個1個のペットボトルが、
上手くかみ合わないため梱包することができなくなってしまいます。

 

したがいまして、
市民の皆様には「潰さないで出してください」
としているところであり、
那須町も大田原市と同様な分別方法で町民にお願いしております。

 

このように、
リサイクルの為に機械で圧縮するので、
ペットボトルは潰さないで捨てて下さいという事です。

 

続いて、
草加市ではペットボトルは潰して捨てて下さいと言っています。

 

ペットボトルは、
ラベルとキャップは外して可燃ごみへ、

本体は中身を水で軽くすすいで、
きれいにしてから、資源物の日に、
専用の回収ネットに入れていただきますようお願いします。

 

 

特に、ペットボトルをネットに入れる際は、
つぶさないでそのまま専用の回収ネットに入れてしまうと、
回収袋がすぐに一杯となり、
他の人が捨てられなくなったり、あふれて散乱し、
交通の妨げや事故に繋がったりする恐れもありますので、
必ずつぶしてから出すようにご協力お願いします。

 

なお、
つぶさないで袋に入れた場合とつぶして袋に入れた場合とでは、
入れられるペットボトルの量が約1.5倍変わりますので、

「ペットボトルはつぶしてから回収ネットに入れてください」
という事のようです。

 

 

ペットボトルを潰して捨てるか否かは、
それぞれの市町村に確認した方がよさそうですね。

 

 

ペットボトルの正しい捨て方とは?

 

ペットボトルを捨てる際は、
キャップとボトルを分別した捨て方がルール化されています。

 

最近では街中にあるゴミ箱にも、
ペットボトル用のキャップを入れる場所が設置されています。

 

 

では、家庭ゴミでの捨て方はどうしょう?

 

ペットボトルのキャップは何に分類されるのでしょうか?

 

家庭ゴミで出す場合、
ペットボトルのキャップは容器包装プラスチックに分類されます。

 

キャップについているリングも、
外せる場合はキャップと同じく容器包装プラスチックに分類し、
外せない場合は無理せずボトルと一緒に捨ててもいいです。

 

 

・ペットボトルのキャップを外す理由

 

ペットボトルのキャップを外して、
ボトルと別で捨てるには理由があります。

 

ペットボトルのキャップは、
キャップ回収事業者団体に回収されたあと、
リサイクル資源として売られます。

 

そして、その売却益は、
世界の子どもに使用されるワクチンへと変わるそうです。

 

 

・ペットボトルのラベルを剥がす理由

 

ペットボトルはリサイクルされ再商品化されますが、
ボトルとラベルに使われている素材が違うため、
一緒に捨ててしまうと異物として混じってしまいます。

 

今まで、はがすことは義務とされていなかったのですが、
推奨され始めた理由は、
リサイクルの質をあげるために、
飲料メーカーが簡単にラベルをはがせるように努力したためです。

 

ペットボトルの捨て方としてラベルをはがすことは、
公益社団法人日本容器包装リサイクル協会からの、
お願いでもあるため、忘れずに処理しましょう。

 

 

・汚れを取って、中身が残らないようにしよう!

 

ペットボトルの中に異物が混入していると、
選別処理の過程で、
作業員の怪我に繋がったり、
再商品化作業を行う機械がダメージを受ける可能性があります。

 

また、ジュースなどの飲み残しがあると、
集積場や保管場所での悪臭発生や、
糖分を求めに虫や小動物が集まってくるという、
衛生問題に繋がるので、奇麗に洗って捨てましょう。

 

キャップやラベルは、
自治体によって外さなくて良い自治体もあります。

 

自治体のルールをしっかりチェックしましょう。

 

 

ペットボトルはリサイクルされて何になる?

 

ペットボトルは、
ポリエチレンテレフタレートという樹脂が原料です。

 

ポリエチレンテレフタレートは、
石油から作られるテレフタル酸と、
エチレングリコールを原料にして、
高温・高真空下で化学反応させてつくられる樹脂になります。

 

軽くて丈夫で柔軟性があり、
軽度のへこみであれば自ら元に戻る性質を持っています。

 

ペットボトルは、様々な製品にリサイクルが可能で、

衣料品、生活雑貨、作業服、学生服

企業向けの制服、スーツ、シャツ、トレーナ、カバー、
帽子、タオル、エプロン、スポーツウェア、白衣、手袋、
ソックス、カーペット、フラワーポット

農業用緑化シート、ゴミ置き場のネット、防球ネット、
運動マット、野球用ベース、

陳列トレー、たまごパック、布製ショッピングバック、
スリッパ、ハンガー、定規類、下敷き

クリアーホルダー、名刺、ポスト・イット、ペンケース、
粘着布テープ、 水切りネット、レンジフードフィルター、
掃除用取替えシート類、障子紙、化粧品の容器、傘など、

ありとあらゆるリサイクルの手段があります。

 

 

PETボトルリサイクル推進協議会

「PETボトルリサイクル年次報告書2013」によると、

ペットボトルからリサイクルは、
トレイや卵パックなどのシートが41%、
シートやシャツなどの繊維が41%、
ペットボトルが13%、
文具、資材などの成形品が5%という割合になっています。

 

 

ペットボトルは、たくさんの再利用ができるんですね。

 

ペットボトルの捨て方は、
改めてルール通りに捨てようと思いました。

 

 

あとがき

 

ペットボトルはリサイクルによって社会貢献できるため、
正しい捨て方を身につけましょう。

 

ペットボトルを捨てるときは、
キャップをボトルと一緒に捨てないことや、
ラベルをはがすことを忘れないようにしましょう。

 

そして、お得に捨てるため、ポイントがたまり、
ペットボトルを捨てることができるスーパーを調べてみましょう。

 

リサイクルに貢献するための、
モチベーションにもなるかもしれませんね。

 

 

ブログランキング参加してます

応援してください。感謝します!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ シニアのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

まつのみどりのプロフィール
最近の投稿
カテゴリー
ナビゲーションメニュー
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。