実印とはどんなハンコで必要なものなのか?作るタイミングと注意点は?

 

 

実印とは住民登録をしている市区町村の役所や役場に、
ご自身の戸籍上の姓名を彫刻したハンコを登録申請し、
受理された印鑑のことをいいます。

 

たとえ、実印のような形態をしていても、
登録をしていないものは実印とはいいません。

 

言い換えれば、100円で買ったものでも登録してしまえば、
それが実印となるのです。

 

つまり、役所に印鑑登録をしている印鑑が実印です。

 

実印について、作るタイミングや、
作るときの注意点についてまとめてみました。

 

 

実印とはどんな時に使うハンコで必要なものなのか?

 

実印はよく大事な契約ごとに用いることが多いといいますが、
具体的にどういう場面で使うのかまとめてみました。

 

 

・不動産取引

 

物件を購入時に所有権を自分の住所に移転登記をする際などに必要です。

 

分譲マンションや分譲住宅を購入される際は、
販売会社から登記移転の手続きが必要ですので、
ここで必ず必要になります。

 

 

・中古車の個人売買

 

車などの個人売買の際は、車の所有者の名義変更に伴い、
移転登録申請を行ので実印が必要になります。

 

 

・銀行融資の際

不動産などを担保に金融機関から融資を受ける際、
実印と印鑑証明書が必要です。

 

 

個人で実印が必要となる場面はおもにこれくらいですが、

あとは「役場での公正証書作成」や、
「金銭その他貸借証書・契約書の作成の際」、
「生命保険・自動車保険などの各種保険の加入 」、
「会社設立する際の公証人役場での定款認証を受ける際」、

また、「遺産相続の際」にも必要になってきます。

 

 

その際に、実印が必要なこれらの場面では、
『印鑑証明書(印鑑登録証明書)』も必要になる場合があります。

 

これは、書類に押印された実印が間違いなく本人のものであるか、
また、本人が書類の作成者であるかを確かめるものです。

 

 

この、『印鑑証明書』を発行してもらうには、
印鑑・実印登録が必要となります。

 

実印と証明書があれば、第三者でも本人になりすまし、
本人の知らないところで、
重要な契約を次々と結んでいくこともできてしまいます。

 

実印は、本人の権利や財産を守る、とても重要な印鑑ですので、
管理には十分注意したいです。

 

上記でご紹介したように、
実印が必要な場面は意外と多いのです。

 

実印はいずれ必要になる物です。

 

 

実印を作るときのタイミングはいつ?

 

「実印なんて必要になったら作ればいいと思う。

タイミングなんて気にする必要あるの?」

と、思われる方もいらっしゃると思います。

 

確かに実印を作成するのに良いタイミングは、
「必要になった時」と言えるかもしれません。

 

 

ただ、多くの方が見落としていることは、
いざ印鑑を作るとなった際に、
思ったより時間がかかるということなんです。

 

実印を作成する際には、
書体・名前・素材・彫り方・店選び・登録など、
考えるべきポイントがたくさんあります。

 

「印鑑なんてテキトーでいいよ」という方も、
実印は「一生に一本」・「一人につき一本」の、
自分自身を表す印鑑であるということを考えると、
じっくり決めてみてはいかがでしょうか?

 

 

先ほども言いましたが、
タイミングを考えず実印を慌てて作るのは、
満足のいく印鑑を作るのができないだけではありません。

 

偽造される危険性のあるはんこを作ってしまう可能性もあります。

 

 

実印を予め作成する際におすすめのタイミングを見てみましょう。

 

実印が急に必要になったタイミングで慌てて作るのはよくありません。

 

自分が満足のいく印鑑を選べないだけでなく、
雑に選んでしまい偽造などの危険にさらされる可能性もあります。

 

一番多いのが、
取り敢えず百円ショップなどの三文判で登録して、
後から時間をかけて作った印鑑で登録変更しようという方法。

 

確かにこうすることも可能で、
急ぎの際には有効と言えるかもしれませんが、
それはしっかりと変更手続きまでをおこなった場合のみです。

 

多くの方は無事に登録できたのをいいことに、
変更手続きが面倒くさくなってしまい、
三文判のまま使用し続けてしまいます。

 

三文判はどれも同じ印影で、偽造の危険性が高いのと、
耐久性が低いのでおすすめできません。

(地域によっては登録すらできません。)

 

いきなり必要になった際に慌てて作るよりかは、
前もったタイミングで作成するのがベストです。

 

 

では、
実印を作成するタイミングは、どういったものがあるのでしょうか?

 

 

■学生を卒業する時

 

高校、または大学を卒業し社会人となるタイミングは、
実印を作る良い時期と言えます。

 

実際に実印を使用するのは、
社会人になってからのほうが多いので、
大人になった証として購入する方がたくさんいらっしゃいます。

 

自分自身の収入を得られるので、親の元を離れ、
自分自身で契約をすることが増えていく時期です。

いつでも対応できるように、実印を用意していくと良いでしょう。

 

 

■成人式、成人する時

 

学校の卒業時と同様に成人するときも、
大人になるタイミングとして、
実印を作成するのに適しています。

 

成人記念に親御さんから、
息子さん・娘さんにプレゼントするのもおすすめです。

 

 

■結婚・婚約

 

結婚・婚約時は、
実印を作るのに最適なタイミングと言えます。

 

特に女性の方の場合、
フルネームで実印を作成するのにベストなタイミングと言えるでしょう。

 

というのも、
未婚の女性の場合将来結婚して苗字が変わることも考えて、
下の名前のみで作らなければならないからです。

 

実印はなるベくフルネームで作ったほうがいいものです。

 

結婚して苗字が変わる際に、
新しい苗字でフルネームで作ると良いでしょう。

 

旦那さんも実印を持っていない場合は、
ペアのセットで購入すると、
お得で一生の思い出にもなるのでおすすめです。

 

私は、下の名前で作っています。

 

縁起でもない話ですが、離婚した場合、
フルネームで作ると、また作り直さないといけなくなると思ったので。

 

私の場合、旧姓に戻った時点で作り直しました。

 

 

■昇進時、心機一転したい時

 

社内で昇進したり、
転職や事業を始める時など心機一転のタイミングは、
実印を作成する時期としておすすめできます。

 

自分自身の分身であるとも言われ、
運気を左右すると言われる実印は、
開運効果などを気にして購入される方も多い品物です。

 

昇進時や何か人生の節目である時期、
新しい生活が始まるタイミングなどで、
実印を購入するのはおすすめです。

 

 

「学校卒業」「成人」「結婚」「昇進・転職・心機一転」の、
4つが、実印を作成するのにおすすめのタイミングと言えます。

 

もちろんこれに限らず、
皆さんが作っておきたいと思った時に作るのもありです。

 

実印を作るときの注意点は?

 

実印を作る際は、
気を付けるべき点がいくつかあります。

 

 

規定に従う

 

印鑑登録をすれば実印として使用することができますが、
どんな印鑑でも登録できるわけではありません。

 

以下のルールに従う必要があります。

 

・まだ印鑑登録がされていない

・印影が8mm~25mmに収まっている

・印影に欠けや摩耗がない

・印影が鮮明である

・住民票に登録された名前と同じ名前である

・外枠がある

・変形する恐れがない

 

また、
市販されている三文判では実印として認められない場合が多いです。

 

三文判は大量生産されているため、
同じハンコを赤の他人が簡単に入手できる恐れがあるからです。

 

 

名前に注意

 

実印に入れる名前は、
苗字、名前、フルネームの3つから選ぶことができます。

 

特に制限はありませんが、
苗字のみや名前のみにしてしまうと、
同じ苗字・名前を持つ人の印影と似てしまう可能性が出てきます。

 

そのため、
セキュリティ上の観点からフルネームを選ぶことが好まれます。

 

 

材質に注意

 

実印は大事な場面で使われるため、
なるべく丈夫な材質を選びましょう。

 

柔らかいものだと変形したり、
欠けたりして実印としての機能を失ってしまいます。

 

作り直すのも、実印を変更するのも手間なので、
最初から丈夫な実印を作っておけば安心できます。

 

丈夫な材質としては、黒水牛、琥珀、チタンがおすすめです。

 

 

書体に注意

 

実印は偽造されないように、
難解な書体が選ばれる傾向があります。

 

中でも、
篆書体(てんしょたい)と、
印相体(いんそうたい)がおすすめです。

 

篆書体は古代の中国で使われていた文字で、
実印の書体としては一番の人気があると言われています。

 

印相体は特徴として文字が枠に接しており、
枠が欠けづらくなるというメリットがあります。

 

他にも古印体と呼ばれる書体があります。

 

 

作成にかかる時間に注意

 

実印作成には少し時間がかかり、
業者に頼んだ場合は完成までは3~4日かかります。

 

完全手彫りでじっくり作る場合はさらにかかる可能性があります。

 

偽造が難しく、
世界に1つしかない印鑑を作るためには、
どうしても時間がかかってしまうのです。

 

そのため、
実印を作成するタイミングには気を付けなければなりません。

 

実印が急遽必要で、時間がない場合は、
機械彫りで即日完成する印鑑を使うほかありませんが、

偽造や犯罪防止のためにも、
なるべく手彫りの実印を用意しましょう。

 

 

また、印鑑登録の方は即日で完了することができます。

 

あとがき

 

実印を作成するタイミングと、
作成時の注意点をご紹介しました。

 

実印の作成は、
卒業、成人、結婚がおすすめのタイミングです。

 

作成には時間がかかるため、
あらかじめ余裕をもって業者に依頼しましょう。

 

また、実印を作成する際は、規定に従っているかどうか、
書体の選び方、材質の選び方などに注意するようにしましょう。

 

 

ブログランキング参加してます

応援してください。感謝します!


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ シニアのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

まつのみどりのプロフィール
最近の投稿
カテゴリー
ナビゲーションメニュー
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。